• TOP
  • >
  • about us
  • >
  • ジュノーFC とは

ジュノーFC とは

-  about us  -

ジュノーFC のビジョン

プレーヤーズファースト


ジュノーFC(フットボール・クラブ)は、サッカーを通じスペイン始め、ヨーロッパ、南米など世界に目を向け積極的に海外と交流を行うサッカークラブです。また、サッカー以外の課外活動からも深く、広い人生経験を積んでいきます。 
 
多感な中学生年代で世界を知り体験する事は、その後の人生において大きくプラスに作用します。
 
そして、ジュノーでは、サッカーは単なるスポーツや習い事ではなく、人間教育・子供の人格形成のツールとして捉えています。
 
クラブと保護者が一体となり、思春期の子供達が抱える問題に対し、共に悩み・考え、そして乗り越え成長します。ジュノーの活動が子供達の人生で、最も大切な財産となるよう、[人財育成]としてプレーヤーズファーストを心掛けていきます。

 
 
 

SLPクラス【中学〜高校】

サッカーを通じ、小学生、高校生、大学生といった自分たちの周りの年齢層と関わることにより、自分たちの立ち位置が明確になり、大人への第一歩を踏み出します。
 

ジュニアユース【中学1〜3年生】

文武両道の努力、自立、そして日常から勝ちにこだわり、自分自身に妥協しない芯の強さを身に付け、高い目標に向かい突き進みます。
 

スクール アドバンス【小学4〜6年生】

あいさつから、片付け・・いわれる前に今何をしなければいけないかを各自が素早く判断して行動に移せる、サッカー選手としての基礎を身に付けていきます。
 

スクール ベーシック【小学1〜3年生】

あいさつから始まり、あいさつに終わる。サッカーを楽しみながらも集団行動などの規律を守り、個性の部分も伸ばしていきます。
 

ゴールキーパースクール 【小学4〜中学3年生】

強い意欲を持ち、試合を意識した練習を通しチームに貢献できるGKの技術の強化をします。
 

スペシャルトレーニング【SLPクラス選手、スペシャル・クラスのスクール選手】

4GT(Generation Training)4世代(小学生、中学生、高校生、大学生が混じってのトレーニング)通称スぺトレは、毎月1度、世代・チームの枠を超えたトレーニングにより、高いレベルのサッカーを追求していきます。
 

クラブ名「ジュノー」の由来

勝利の女神とともに


「ジュノー」(ローマ古典綴りで「IVNO」)は最高位の女神を意味し、フットボール・クラブを付ける事でサッカーの女神としました。女神は母親を
イメージしています。 母親は子供の為には苦労と努力を惜しみません。そんな母親がサポートしてくれるので、子供はめいいっぱい好きなサッカーを楽しめます。
ジュノー・フットボールクラブ(サッカーの女神)として、子供を支え、子供は母親に感謝しながら常に挑戦し続け、親子共に闘い、サッカーを通じ親子が成長しながら生涯の思い出にして欲しいと願い命名しました。 やがて子供が成長して親になった時にもその思いを次の世代の子供達に伝えていって欲しいと願います。
 
そしてMITOは、スペイン語で「神話」や「伝説」という意味があり、水戸が世界のMITOとなるように世界の頂点を目指し日々挑戦して伝説を作っていきたい、そんな願いを込めました。
エンブレムには、鉄壁の守りを象徴する「イージスの盾」と、狙った的は外さず、必ず勝利をもたらすというグングニルの槍を手にした女神、走り続ける馬をあしらい「ジュノーFC」への想いを表現しました。「Desafiador」とはスペイン語で「挑戦者」を意味しています。
 
 
 
伝統を重んじ、過去の失敗や学んだ事を見直し、そこから新たな道理や知識を見出し自分の物にする。

何でも自から進んで積極的に、発言・行動する 。

自然の摂理に対しミスなく100%は決してなく、 ミスや失敗は当たり前。まずそれを素直に受け入れ恐れず再度挑戦する。

一人は皆の為に皆は一人の為に。互いに助け合い、組織化する事で個々の能力の相乗効果が生まれ世界相手に戦います。

サッカー専用コートで 思い切りトレーニング

グラウンド

水戸ICから笠間方面へ車で10分
内原イオン・内原駅より車で5分
*内原駅からバス送迎も行っており、子供の自主性・自立を促すために電車で通うこともお勧めします。
 
ヨーロッパクラブのグラウンドのように、森に囲まれたサッカー専用コートが、ジュノーFCのホームグラウンド。
 
40年の歴史を持つクラブハウスには、かつて、住友金属(現・鹿島アントラーズ)、三菱重工(現・浦和レッズ)が練習場として使用していた名残があります。
 
歴史あるクラブハウスの目の前には、縦95m、横55mの天然芝グラウンドがあります。自然に囲まれサッカーを思いっきりできるのが、このスクールの特徴の一つでもあります。
 

 
 

 

ログハウス造りの

クラブハウス

ジュノーのホームグラウンドのすぐ横にある、クラブハウス。クラブハウスからはグラウンドが一望でき、トレーニング、試合の様子を見学することができます。
ミーティングルームでは、試合前のミーティングを行ったり、プロの試合DVDを視聴したり、またジュノー学習塾にも使用しています。
ジュニアユース生には、一人ひとりにロッカーがあり、掃除や管理もジュニアユース生が責任を持って行っています。
 

 

 

 

交通アクセス

ジュノーFC 所在地
水戸市杉崎町1602-22

 

お車でお越しの場合

国道50号線を水戸から笠間方面(西へ)に向かい、「三湯」の交差点を右折、直進、「あるなろの郷入り口」もそのまま直進し、「ハイトリー入り口」の看板があるT字路を左折してください。
 

JRでお越しの場合

JR常磐線「内原」駅から、タクシーで5分です。